<

計装Cube51  SIから見たシステムリプレースの 着眼点とノウハウの活用


オーネスト 米 村 慎 吾
2011年1月
キーワード「更新/生産情報管理/制御」

    

 日本における産業系監視制御システムは1970年代に計装DCS,PLCが開発され,それまでのアナログ制御監視機能およびハードリレーシーケンス制御から一気にコンピュータ化への移行が始まった。この流れは継続され,1980年代の後半から1990年代の初頭までの間に従来のパネル監視制御システムから一斉に各工場の監視制御システムがDCS,PLC化された。2010年現在,これらの時期に導入されたコンピュータシステムが,廃機種化あるいは老朽化し,産業系コンピュータシステムのシステムリプレースが大きな問題として提起されている。廃機種化されたシステムの予備品の供給は絶たれ,メンテナンス維持も,もはやメーカの協力は得られない,さらに老朽化したシステムの突発故障トラブルによる生産阻害の発生などが緊急の課題となっている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます