<

計装Cube51  化学工場におけるDCSリプレースの考え方


三井化学  宗 直 人
2011年1月
キーワード「更新/生産情報管理/制御」

    

 近年化学業界では,大きなマーケットを持つ新興国や原料を安く調達できる中東諸国などの地域への進出が加速している。そこで新規に計画されるプラントは運転開始と同時に最大生産能力での稼動を要求され,制御性能を活かした運転安定化が強く望まれるようになってきた。一方,国内では設備の経年劣化や技術伝承問題により工場の安全安定操業に向けた取り組みが活発化している。操業に関するあらゆる情報の見える化や業務のロス,ムダの削減とアラームの適正化など,国内外を問わず計装制御技術はプラント操業の安全・安定化に欠かせないものとなっている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます