<

計装Cube50 安全計装システムの導入
緊急遮断弁テストの効率化を実現するPRMのPSTスケジューラ機能


横河電機 栗 山 勘 衛
2010年1月
キーワード「安全/標準化/操作」

    

 当社の統合機器管理パッケージ「PRM:Plant Resource Manager」は,FOUNDATION フィールドバスに代表されるフィールドデジタルを前提とした機器管理パッケージとして2001年にリリースされたソフトウェアである。発売以来,技術の進歩,標準化の加速,そしてユーザからのフィードバックを受けて機能追加・改善を行ってきた。既に海外を中心に1000システムを越える採用を頂いている。このたび,PRMの新機能としてPSTスケジューラを発売した。PSTスケジューラは緊急遮断弁テストの効率化を実現する安全計装ソリューションである。本稿では,最初に統合機器管理パッケージ PRMの特長を示し,新機能であるPSTスケジューラについて説明する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます