<

計装Cube50 安全計装システムの導入
安全計装システム導入に向けたエンジニアリング


日本電気計測器工業会 PA/FA計測制御委員会 中 川 雅 造
2010年1月
キーワード「安全/標準化/設計・工事」

    

 最近国内の石油,化学のユーザにおいてSIS導入の計画,検討が大きく進み出した。プロセス産業むけの安全計装システムの国際標準IEC61511-1-3は2003年に制定され欧米ではこれらの標準は法的規制を持つため,SISの導入が一気に進んだ。日本ではこの国際規格はJIS C 0511-1〜3として2008年に発行された。
 「計装」の2007年7月号にSIS検討のための計算の進め方を解説,2008年10月号にてJIS C 0511によるSISエンジニアリングの進め方を解説した。今回はSISの動向を始め,国内ユーザによる計画,検討,引き合いの進展を踏まえて,SISエンジニアリングの実務をどう進めるのか,SIS導入のきっかけからSIS設計仕様図作成まで,検討すべき重要項目をまとめて解説する。
  計装担当者の業務としては新しい取り組みとなり検討課題も多く,大きな労力を割くこととなるがその一助となれば幸いである。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます