<

計装Cube50 安全計装システムの導入
製油所における安全計装への取り組み−安全計装・地震時緊急停止システムの導入


富士石油 浪 川 則 男
2010年12月
キーワード「安全/環境/運転支援」

    

 弊社袖ケ浦製油所は,1968年に操業を開始し現在に至るが,安全計装システム(SIS)への取り組みは,以下のステップで実施してきた。
(1)1999年:第3硫黄回収装置建設工事において,初めて横河製ProSafe-PLC導入
(2)2005年:定修時,既設装置の緊急遮断弁回路を常時非励磁から常時励磁タイプに統一
(3)2008年:第2FCC(流動接触分解装置)建設工事において,HAZOP/SIL-Studyを実施した上で,横河製ProSafe-RS導入
(4)2009年:計器室統合化工事において,全装置の保安回路のSIS化を実施
  上記の通り製油所装置の安全計装化を進めてきたが,この導入事例について,以下に紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます