<

計装Cube49 
RFIDを活用したトレーサビリティシステムの構築−食肉加工業,通い箱システムの事例−


日立ケーイーシステムズ 宮 澤  裕
2004年7月
キーワード「記録/品質管理/監視」

    

   「トレーサビリティシステム」とは簡単にいうと,「いつ」,「どこから」,「何を」,「どれだけ」受け取って,「どのように」加工・製造して,「いつ」,「どこに」,「何を」,「どれだけ」出荷・販売したかを記録・保管する情報システムである。情報の充実による「安心」を得ることはできるが,「モノ」の世界の「安全」を直接的に得ることができるわけではないことも申し上げておく。
 RFIDを活用したトレーサビリティシステムの事例として2つの事例を紹介する。
  @食肉加工会社(A社)の加工工場内のトレーサビリティシステム事例
A通い箱(S-BOX)の活用による流通段階でのトレーサビリティシステム事例(実験段階)

 

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます