<

計装Cube49 
工程管理にみるRFID応用遠隔情報管理の進め方と運用課題


エフエイオープン 藤 平  實
2005年8月
キーワード「情報化/通信/トレーサビリティ」

    

     RFID技術の導入はバーコード,二次元バーコードに進化してきた情報読み取り機能も,三次元での読み取り,書き込双方向通信により, 自動認識の技術水準を引き上げた。現場での素材,ツール,製品,生産設備,製造工程の管理を,作業者の視覚経験に頼っていた時代から, さらに情報管理者の理想に近い情報を得ることを可能にしている。すなわち製造現場の情報システム構築に必要な「物と情報を一体型」にできる記憶媒体としての価値は, 製造現場の情報化システム構築の際,費用対効果の点からも大変有効な手段として,採用するアプリケーションが増えてきた。

 

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます