<

計装Cube49 
RFID活用の考え方と課題〜ユーザの視点〜


大日本印刷 伊豫田 一成
2005年8月
キーワード「情報化/通信/トレーサビリティ」

    

  製造分野では長年使われてきたが,最近,RFID(無線タグ,ICタグ,データキャリア,トランスポンダなど呼び名があるが,以降は単にタグと称する)が流通系を中心に話題が盛り上がっている。何がこれまでと異なるのかというと,会社組織や国さえ超えて流通が始まろうとしているところがこれまでと異なる点である。  本稿では,こうした視点で製造を念頭に,ユーザの立場でタグの活用を考えてみたい。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます