<

計装Cube48 海外計装事情
米国公共水処理施設におけるプロセス自動化システムの導入と統合化事例


ロックウェルオートメーションジャパン 小 林  誠
2010年6月
キーワード「標準化/制御/監視」

    

  生産性を向上するために,古くなった分散制御システム(DCS)を新しい制御システムに改造することは重要であるが,多くの人がそれを複雑な課題と捉えているのが現状である。改造に伴うダウンタイム,システムの信頼性の確認,新しいシステムに使用される制御機器の学習,メンテナンス,および交換部品など,さまざまなことを考慮して改造を進めなければならない。最善のシステムに移行するためには,経験のあるエンジニアと専門的な技術者が必要である。また,スムーズな移行のために,スケジュールと予算の管理も重要になってくる。
  ここでは,さまざまな課題を解決しつつ,制御システムの改造を行った,米国の水処理施設の例を紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます