<

計装Cube48 海外計装事情
海外事例にみるOPCソリューションツールの新たな活用方向


Cogent Real-Time Systems ロバート・マクライド/トーマス・静香
2010年3月
キーワード「標準化/統合化/情報化」

    

  当社はカナダ・トロントに本社を置くソフトウェア会社で,OPC仕様を基に,多数の製造装置からプロセスデータを収集してWindowsプログラムへのデータ連携が容易にできるOPC対応ソリューションツール「OPC DataHub」をリリースしている。その適用対象は世界中の生産現場やオフィス,店舗先,研究施設など広範に及び,たとえばExcelやInternet Explorer,Outlook,SQLサーバ・データベースといった汎用的なソフトウェアを介することで生産情報をはじめとしたリアルタイムなデータ交換をスムーズに実現できる。
  今回はOPC特集の一環として,当社OPC DataHubが情報の統合・連携にいかに活用されているのか,特徴ある海外事例を,冬は白一色の雪に覆われるトロントからダイジェストで報告する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます