<

計装Cube48 海外計装事情
操業環境の変化に対応する高度制御の継続的活用:海外の事例から


アスペンテックジャパン 西  洋 一
2010年6月
キーワード「標準化/高度制御/海外」

    

  成熟経済の到来が言われて既に20年近くになろうとしている。高度成長時代に日本を牽引してきた石油精製・石油化学・化学などの装置産業も,バブル崩壊や同時多発テロ,リーマンショックなど様々な試練を経ながらも,生産の効率化や高付加価値化を進めることで,大きな時代の変化に対応してきている。
  ただ,明らかに言えることは,より多くをより安く製造する時代から,多様性と高付加価値を求める生産にシフトしてきており,製造マネジメントにも柔軟で迅速な環境対応が求められている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます