<

計装Cube47 
情報化工場での技能伝承DB構築の考え方と課題


富士通総研 野中 帝二
2010年7月
キーワード「FA/標準化・規制/情報化」

    

 情報システムを構築する場合,まず必要な情報の蓄積と活用の仕組みといった情報システム企画からスタートする。その際には,情報システムを利用するユーザの問題点や課題の調査を行うが,ユーザの立場に立ち運用面を考慮したシステム企画は十分に行われているとは言えない。その結果,使われない機能やデータが氾濫する結果となっている。
  特に,技術・技能伝承ではノウハウや知識を形式知化し,ナレッジとしてデータベース(DB)に蓄積する。そして,その活用を図るためにいろいろな取り組みが行われる。しかし,システムへのナレッジDBへの登録と利用ともに積極的に活用しようとする人が少ないのが実情である。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます