<

計装Cube45  関連文献
PLC計装へのリプレース 〜その選択と進め方


オーネスト 米 村 慎 吾/岡 勢 規 正/沖 崎 康 志
2010年2月
キーワード「更新/制御/監視」

    

 
  1970年代に初のDCSが製品化され,従来の「パネル監視・制御」時代からDCS時代への幕開けとなった。CRTによる集中監視を行い,制御装置はシステムを構成する各機器ごとに演算部がある「監視と制御」の分散型であり,以降このシステム形態は“DCS”(Distributed Control System)と称された。(図1)  主要なDCSは,計装メーカの製品であったことから,計装機能の充実に力が注がれ,産業用制御機能の主要コンポーネントとして進化してきた。この歴史的な流れから,本稿では従来のDCSは『計装DCS』として位置づけて記述する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます