<

計装Cube44 簡易計装に挑戦しよう!
関連文献
実績が示す最もポピュラーなわけ〜差圧伝送器の使い方と最新動向


横河電機 赤 木 芳 雄
2010年3月
キーワード「簡易計装/制御/計測」

    

  

差圧伝送器は,二点間の圧力差を測って信号を伝送する計器で,水銀を利用したU字管式のマノメータの時代から,今日に至るまで,様々なプロセス産業において数多く使用されている。
  片側を大気解放すれば圧力計,絞り機構やピトー管と組み合わせて流量計,液位とその密度および重力加速度との積は圧力に比例することを利用してレベル計や密度計としても使用することができる。
  他のプロセスセンサのほとんどが,一つのプロセス量だけを測定するのに対し,差圧伝送器を利用していろいろなプロセス量を測定できるため,一つの工場の中で同一原理・構造の測定器が数多く使用されることになり,保守,管理が容易になることも,広く使用されている理由の一つである。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます