<

計装Cube41 関連文献
医薬品製造のペーパーレス生産を 実現するモジュール型MESパッケージ


Tエンジニアリング 横 井 昭 彦/高 橋 良 治
2009年9月
キーワード「生産情報管理/情報化/標準化・規制」

    

1990年代以降の製造業では,マネジメントを含むビジネス情報と生産現場でのオペレーション情報を効率的に統合して最適な生産管理を行うことが重要なテーマの一つとなった。自動化に関する国際的な非営利団体であるISAは2000年に制定したS95規格で,(a)製造に直接関係する作業のワークフローを管理する,(b)ビジネス情報を取り扱うレベル4(ERP等)とオペレーション情報を取り扱うレベル2(DCS,SCADA等)レベル1(PLC)と連携する,という2つの機能を有するレベル3の自動化システムとして,製造管理システムと呼ばれるMES(Manufacturing Execution System)を規定した。
 S95規格は複数の文書から構成されているが,特に2005年に発行されたPart3では,製造・保守・品質・在庫の4つの業務の観点から業務を包括するアクティビティ(作業内容)を規定した。この規定は多様で広範な製造業務の多くをカバーすることから,近年ではS95-Part3をベースにMESの機能に関する説明・発表を行うケースが増加している。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます