<

計装Cube40 関連文献
現場と経営の「見える化」におけるMESの果たすべき役割

横河電機 松 本 憲 明/満 岡 雄 大
横河情報システムズ 川 尻 幸 一
2008年2月
キーワード「生産情報管理/統合化/情報化」

1.はじめに

   当社は,従来から生産制御システム事業を中心に,顧客ユーザの信頼に応えてきた。しかしながらユーザは,グローバル化や,中国やアジア諸国の急伸による急激な社会情勢の変化に対して,企業レベルでの課題解決ができるメーカを求めるようになり,環境が変化してきた。 このため当社では1997年には,「ETS」というビジネスコンセプトのもと,顧客ユーザの経営(Enterprise)レベルで,最新,最高の技術(Technology)による解決策(Solution)を提供する活動を開始した。このソリューションを提供する活動の中で,生産制御システムといった,顧客の現場の自動化から,MES,生産管理,基幹業務(ERP)まで,一括してソリューションを提供できる形へシフトしてきた。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます