<

計装Cube40 関連文献
これからの製造業における MESの役割と導入メリット

東洋エンジニアリング 井 口  貢
2009年9月
キーワード「生産情報管理/統合化/情報化」

1.最近のMESを巡る動向

  ここでは,過去から現在までのMESの動向を示したうえで,MESを取り巻く環境(ビジネス環境)をもとに今後のMESの動向を探ってみたい。MES(Manufacturing Execution System)は,企業情報システムの中で,ERPとDCS/PLCの中間に位置するシステムとされ,ERP(生産管理システムを含む広義のERP)が計画系を,DCS/PLCが制御系を,そしてMESは実行系を担当するシステムと位置付けられていることが多い。10〜15年前においては,MESパッケージソフトウェアおよび稼動環境(コンピュータ自体)が高価であったことや半導体業界および医薬品業界に特化したパッケージが主流であったことから,ユーザの捉え方やニーズが限定的であったために導入は進まなかった。


関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます