<

計装Cube40 関連文献
MESの広がりと人・装置の新たな関係−電子SOPの適用とその評価

カネカエンジニアリング 木 村 大 作/高 橋 昌 裕/桑 原 信 泰/木 中 真 吾
2007年10月
キーワード「生産情報管理/作業支援/操作」

1.はじめに

  近年の製造業を取り巻く環境は,急速なグローバル化,地球規模での環境保全の広がり,国内では労働人口の減少,企業の社会的責任の高まり,人権へのさらなる配慮など,成熟社会における新たな経営課題に直面しつつある。この経営環境の変化は,ヒト・モノ・カネの資源を操作変数とした工場経営にとって,より厳しい制約を満足させながら,頂上目標であるコスト,品質,安全,納期,環境を“コントロールすること”を求めている。このような背景から,計測制御技術,情報工学アプローチ,コンピュータ科学の発展を追い風に,MESに代表される工場運営全体を対象とした“もの作り丸ごとシステム化”する方法論が形成されつつある。  このMESの進展は,一方で人と装置・システムとの新たな関係を築いている。そのひとつが電子SOPと称される分野である。本稿では,まずMESを概観し,次にMESにおける電子SOPの役割と課題について述べる。


関連文献

  • MESの広がりと人・装置の新たな関係-電子SOPの運用とその評価
  • MES標準化への取り組みと課題
  • Cube 25 バッチプロセス用モバイルDCSの導入と今後の利用方法
  • Cube 18 統合情報システムにおけるMESの機能と役割
  • Cube 18 高度運転支援の拡充によるMESの構築
  • オブジェクト指向型MESと生産計画、スケジューラとの連携
  • これからの製造業におけるMESの役割と導入メリット
  • 食品工業の課題を解決する「見える化」とは
  • 生産情報のシームレス統合を実現する運転・創業管理システム
  • 乳業工場での安心・安全への取り組み事例紹介
  • 現場と経営の「見える化」におけるMESの果たすべき役割
  • 生産の実行管理と効率管理(PPM)ソフトウェアによるMESへの新しいアプローチ
  • このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
    未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
    会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます