<

計装Cube39 関連文献
ワイヤレスデータ収集システムの特徴と活用視点

新川センサテクノロジ 青 木  寛
2008年11月
キーワード「無線/伝送/ユビキタス」

1.はじめに

 最近の社会生活全体の高度化やグローバル化にともない,社会基盤の根底を支える重要な設備機械の状態を把握監視し,可能な限り早期に異常を発見し,対処することが重要な課題となってきている。これら設備の状態を監視することを状態監視といい,そのシステムをCMS(Condition Monitoring System)と呼ぶ。 一方,状態監視を必要とする機器は多種多様であり,各機器の特性に応じたCMSの構築が重要である。本稿ではCMSにおけるワイヤレスデータ収集システムの位置づけと当社ワイヤレスデータ収集システム「SWiNS SD/SSシリーズ」の有用性と今後の展望について説明する。


関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます