<

計装Cube38 関連文献
アラームマネジメントの動向と 日本における標準化への取り組み

日本学術振興会プロセスシステム工学第143委員会ワークショップNo.28 野 田  賢
2009年4月
キーワード「運転支援/標準化・規制/管理」

1.はじめに

 プラントの安定・安全操業は,化学産業におけるすべての生産活動の基本である。近年のプラントの大規模化,プラント監視制御システムの高度化は,一人のオペレータが担当する監視領域の拡大や異常診断プロセスの複雑化を招き,オペレータの判断ミスなどの人的要因に起因する事故の増加につながっている。この課題を解決するための手段の一つとして,アラームマネジメントの体系化,標準化への取り組みが国内外で急速に拡大している。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます