計装Cube35 関連文献
生産革新により変わるDCS −次世代型ディジタル計装システム

日本エマソン 福 田 祐 介/上 石 紀 彦
2007年9月
キーワード「「統合化/制御/診断」

1.はじめに

昨今,プロセス産業界において,生産革新活動が活発化してきおり,その取り組み事例が多く発表されはじめている。このように生産革新の種々の取り組みがオープンにされることにより,業界内で種々の情報,意見交換が加速し,業務革新のオーソドックスな手法であるプロセスベンチマーキング手法を実現しやすくなる。これにより,業界全体のイノベーションが加速することになることは素晴らしいことであると思う。 また,海外においても,ASM,EEMUAというユーザ団体を中心にアラームマネージメントソリューション活動が活発化しており,グローバルにベンチマーキングすることにより,より生産革新のプロセスが一層洗練されていくものと考える。 この生産革新の活発化は,業界のユーザだけでなく,その生産を支援する計装メーカの提供する計装機器,計装システムにも当然のように革新をもたらすことになる。 本稿では,この生産革新というイノベーションの進展に併せて変わらなければならない計装機器,計装システムの要件を検討するとともに,この計装システムの変革にチャレンジする弊社のディジタル計装システムを紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます