計装Cube37 関連文献
水素・燃料ガスバランスのリアルタイム 最適化制御による省エネルギー運転

出光興産 松 尾 耕 三/谷 哲 次/平 山 俊 也
2009年2月
キーワード「環境・省エネ/制御/監視」

1.はじめに

近年,地球温暖化に対する環境問題は世界的に関心が高くなっている。石油精製・石油化学工場における環境問題への取り組みとして,特に省エネルギー運転によるCO2削減は重要であり,用役設備(ボイラ,蒸気タービン発電機等)の高効率化運転はますます重要な課題となっている。一方,省エネルギー運転を実現するための最適化計算や高度制御などのツールは大きく進歩し,厳密シミュレータを使用した最適化計算や,最適化計算結果に従い自動調整する多変数モデル予測制御(以下,MPC)などの高度制御の構築が容易になった。 そこで,弊社ではさらなる省エネルギー運転を行うために,蒸気・電力バランスや水素・燃料ガスバランスのリアルタイム最適化制御を全国に展開している。その中から愛知製油所で行った水素・燃料ガスバランスのリアルタイム最適化制御について紹介する。 愛知製油所では,水素・燃料ガスを対象に,厳密シミュレータを用いて最適運用を明確にするためにフィージビリティ・スタディ(以下,FS)を行った。さらに,最適運用による省エネルギー運転が常に実現できるように,MPCと圧力制御を組み合せて,水素・燃料ガスバランスのリアルタイム最適化制御(以下,最適化制御)を構築して,長期間にわたり,最適なバランスに維持できることが確認できた。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます