計装Cube34 関連文献
安全計装設計はこう進める −基礎事項と実務解説−

日揮 原  信 幸
2007年7月
キーワード「安全・環境/標準化・規制/計測・制御」

1.はじめに

  機能安全規格IEC61511(2003年発行)による安全計装システム(SIS)の導入の動きが全世界的に進んで来た。日本においても,2007年度JIS発行予定であり,このところ急速に安全計装事例が出てきている。 まず,三菱化学が2005年12月にオレフィン生産用分解炉にSISを導入,また,昭和高分子においてもDCSのリプレースの際に,ハードリレーで構成されていた防消火システム(F&G)および緊急遮断システム(ESD)に安全PLCによるSISを導入した。入出力点数は約800点(2007年『計装』5月号による)。 しかし,高圧ガス製造事業所における災害事故件数は2006年度速報値で過去最高の99件に達し,そのうちコンビナート関連においては37件に及ぶ(高圧ガス保安協会)。1990年代から2001年まで20〜30件/年であったが,2002年から急激に増加している。こうした事故を減らすためにも,IEC61511のJIS化に伴いSISの導入が強く要請されることとなろう。 今回は,今後国内でも増加していく計装エンジニアのSISの設計の実務について解説する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます