計装Cube33 関連文献
H1フィールドバスの防爆構築

ピーアンドエフ 大 場 久 吉
2008年8月
キーワード「「安全/防爆/法規」

1.はじめに

  ドイツの防爆関連製品の専門メーカであるP+F社ではH1フィールドバスの防爆アプリケーション用に,異なった基準の防爆技術製品を提供し,海外の大型プロジェクトでその威力を発揮している。その中で日本の防爆検定取得済みのFISCOバリヤを紹介したい。FISCOとはドイツの防爆検定機関PTBが提唱し,IEC標準(IEC60079-27)にもなっているFOUNDATIONフィールドバスやProfibus-PAフィールドバスの本質安全防爆構築手段である。この方式の特徴は,ケーブルパラメータ(L/C分)によるケーブル長さの制限およびバスターミネータ内のコンデンサをどのようにパラメータ計算すべきか等の考え方を大幅簡略化したことにある。FISCOとして検定取得の現場機器とFISCOバリヤの組み合わせの場合,UCガスで最大1kmまでケーブルパラメータの計算が不要になる。 
  P+F社のFISCOタイプ本質安全防爆バリヤ「KLD2-PR-Ex1.IEC1」はホスト,DC24V電源およびフィールド側はお互いに絶縁されており,フィールド側への本安定格は[Ex ia]UCのためトランクケーブルを0種場所(特別危険箇所),水素防爆で使用可能。今後, 国内プロジェクト用に活用できるものと期待している。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます