計装Cube33 関連文献
防爆関連法の改正と防爆計装工事の進め方

きんでん 渡 辺 宏 光
2008年8月
キーワード「「安全/防爆/法規」

1.はじめに

 石油精製工場および石油化学工場などが1950年頃から盛んに建設され始めた。可燃性ガスまたは引火性液体による引火爆発の危険がある場所に設置する電気設備および計装設備の安全性向上を図るための防爆電気計装の工事方法が必要となり,1955年10月に工場電気設備防爆指針(ガス蒸気防爆)(以下,防爆指針と略す)が制定発表された。その後,日本国経済の発展に伴いその都度改正されている。<br>
  防爆指針は危険場所における防爆電気設備の計画,防爆電気工事,防爆電気機器の構造および試験,防爆電気設備の保守全般にわたって規定しており,工場電気設備のあり方を示した推奨基準となっている。本稿では,防爆関連法と防爆計装工事について説明する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます