計装Cube33 関連文献
「見える制御システム」「人が中心の生産システム」を 実現する
防爆エリア最新HMIソリューション

旭化成EICソリューションズ 定 野  恵
宮木電機製作所 中 谷 隆 大
デジタル 足 立 裕 史
2008年8月
キーワード「「安全/防爆/法規」

1.はじめに

 1993年に旭化成EICソリューションズとプログラマブル表示器メーカの潟fジタル,防爆機器メーカの宮木電機製作所の3社は日本で初めて防爆形タッチパネル付きプログラマブル表示器「EXGP-430/530シリーズ」の防爆認定を取得し販売を開始した。以来防爆エリアのHMIについて機能アップを行ってきたが,今般タッチパネルを装備した12.1インチのプログラマブル表示器「EXGP-3600」と7.5インチのプログラマブル表示器「EXGP-3400」を新規開発し販売を開始した。プログラマブル表示器はデジタルの「GP-3600」および「GP-3400」を内蔵し,防爆形をほとんど意識することなくシステム構築,画面作成ができるようになっている。また10.4インチの従来機種からの画面ソフトの変換も可能であり,従来機種のリプレースにも負担が少なく適用ができる。
  本稿では新商品の紹介とともに防爆プラントや可燃性物質を取り扱う装置への適用意義を含めて紹介したい。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます