計装キューブは計装分野の情報を専門に扱うサイトです HOME>計装Cube>計装Cube31

計装Cube31
計装機器を巡る現場エピソード

編集部
2008年6月号
キーワード「フィールド/経験/トラブルシューティング」

エピソードH 温度計 -「 吸引式温度計によるガス温度計測 」

 NOX,SOX規制が強まり,アンモニアを利用した脱硝設備の開発が進む過程で燃焼ガス温度を正確に計る必要が生じ,吸引式熱電対を開発した。
 吸引式熱電対は高速度熱電対ともいわれ,気体温度を正確に測定するために使用されます。
高温ガスが金属管またはダクトの中を流れている場合,管・ダクトが保温されていなければ,管壁温度はガス温度より低いため,熱電対より熱が管壁に放射され,測定誤差が生じます。このため,吸引形熱電対の周囲には放射遮蔽板が取り付けてあり,遮蔽板を多重にしたものもあります(図)。図の右側は多数の細い磁器管を測定接点の周囲に配置したもので,多重遮蔽と同じ効果を持つものです。

 

〈引用・参考文献〉
工業計測技術体系編集委員会:「工業計測技術大系1 温度」,日刊工業新聞社,S40年

関連文献