計装Cube24 関連文献
製油所操業支援システム技術開発への取り組みとユビキタス計装の役割

(財)石油産業活性化センター  南波 良行
2005/2

キーワード「情報化」

1.はじめに

 近年,環境保全に対する国民の関心が高まり,石油製品を生産する石油業界は,地球温暖化対策並びに地域の大気環境改善に対する対応を強く求められるとともに,石油製品の安定かつ低廉な供給を確保するために,早急な国際競争力強化対策が必要とされている。
 我が国の石油産業が今後ともクリーンで環境に適した石油製品を効率的,安定的に供給していくためには,石油製品の利用面における環境負荷低減化はもとより,石油製品を製造する製油所のより一層の高度化・効率化等を図り,環境対応型の製油所を実現することが必要である。製油所の長期間の安定・安全・効率運転の基盤を確立するには,オペレーションや設備管理ノウハウをシステム化するなど,さらなる操業支援の高度化が必須となっている。
 (財)石油産業活性化センターでは,経済産業省の補助を受け,平成15年度より環境特性に優れた石油製品の製造工程において製造エネルギー効率を高め,CO2削減,廃棄物・排出物のミニマム化を図る環境に対応した製油所を実現するための技術開発事業として,石油精製等高度化技術開発事業(通称:グリーンリファイナリー技術開発事業)を開始した。この技術開発の中の一つの柱として,製油所の安定・安全・効率運転に資する,製油所操業支援システム技術の開発に取り組んでいる。

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます