計装Cube24 関連文献
安定運転と技術伝承に向けたデータベースの活用

兜H化システム  川野 裕己
2005/10

キーワード「監視/運転支援/操作」

 1.データベースシステム開発のねらいと背景

 製造現場では,団魂世代の定年退職が加速的に進み技術伝承が課題とされていた。団魂世代といわれる方々はプラント建設を担当し,また運転管理や作業要領の基礎を築き上げてきた人材で,豊富な経験とノウハウを持っている世代である。この方々の技術知識を後輩へ文書として確実に,しかも加速的に伝承することは,安定安全運転を継続する上で必須事項であった。
 現実に最近は,過去に起こした事故などと同一トラブルが発生しており,また職域拡大(少人数化)によるヒューマンエラーに起因するハットヒヤリが急増している。これらの現状を踏まえ,紙面で管理されているため利用されていない過去の貴重な情報を教育資料として利用し,ベテランのノウハウを伝えていく仕組み作りが求められていた。このため日々の安全活動において,「ゼロ災日誌」や「ハットヒヤリ情報」などの文書を活用し,安全意識の向上に努めてきた。しかし生産活動では,「運転指示書」を発行し,運転に関する情報の一元管理を図ってきたが,これらの文書の運用形態は検討や回覧,周知徹底に時間を要し,最優先されるべき情報が迅速に伝わらない。さらに古い情報の氾濫による伝達不足という問題点もあり,「紙による情報伝達の限界」を感じていた。
 そこで当社では,最新で正確な情報をいつでも,どこでも,誰もが,停滞なく確認できることを目的にデータベースの開発を行った。

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます