計装Cube18 関連文献
統合情報システムにおけるMESの機能と役割

九州サントリーテクノプロダクツ 関 矢 正 己
2006年01月

キーワード「生産情報管理/ユーザ事例/食品」

1.はじめに

 サントリー九州熊本工場(以下,本工場)は2003年7月にビール・発泡酒に加えコーヒーやお茶などの清涼飲料を多品種変量生産ができる国内初の「本格的なハイブリッド総合飲料工場」として竣工した。<br>
  本工場では需要予測,需給計画〜実績収集の統合(垂直方向の統合)とビール・発泡酒と清涼飲料の2つの異なる製造を統合(水平方向の統合)する,「統合情報システム」の構築を行ってきた。本稿では「統合情報システム」の中核的な機能である「製造実行システム」(以下,MES)について事例を踏まえて紹介する。

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます