計装Cube17 関連文献
製薬企業のコンピュータバリデーションとPart11のとらえ方

参天製薬 樋 本  勉
2003年04月

キーワード「FDA/バリデーション作業/ドキュメント」

1.はじめに

 製薬企業では,医薬品開発,生産管理,工程制御,物流,品質管理,品質保証など,さまざまな分野でコンピュータシステムが使用されることが恒常的になってきた。逆にコンピュータなしでは医薬品供給が不可能になりつつあり,品質に大きく関わるシステムを適切に運用管理することが求められる。
 また,行政もコンピュータシステムの重要性を認識しており,日本では「コンピューター使用医薬品等製造所 適正管理ガイドライン」,米国FDAからは近年,「電子記録;電子署名」(21CFR Part11)等が策定されている。

〈関連文献〉

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます