計装Cube17 関連文献
画像データの活用による錠剤の品質管理

池上通信機 福田満博
2000年3月

キーワード「GMP適合/自己診断/ハンドリング」

1 はじめに

  製薬業界に錠剤の外観検査機を提供してきて20年になる。特に医薬品GMPに適合した装置であることはもちろんのこと,バリデーションを含めた対応は必須である。弊社の錠剤検査機はディジタル処理による検査項目を細分化(形状,色,文字等)し,上位コンピュータまたはPCでのドキュメント管理に対応している。本稿では最新型機「TIE-5010」(写真1)を基にバリデーション方法を含め記述する。

〈関連文献〉

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます