計装Cube16 関連文献
装置の情報化・見える化を加速する新HMIソリューション

デジタル 川 田  学
2005年03月

キーワード「見える化/プログラマブル表示器/HMI」

1.はじめに

 今,製造業を問わず,「見える化」がブームだ。日本の製造業は究極のオートメーション化を実現しているはずなのに,なぜ今「見える化」なのだろうか。この背景には,効率改善すべきポイントが,機械から人へ変化し,より人と機会のコミュニケーションに重点が置かれ始めたことがあるのではないか。
 当社デジタルは,1989年より,人と機械を繋ぐHMI機器としてプログラマブル操作表示器「GPシリーズ」の製造販売を行ってきた。もともと,操作表示器は,操作盤に煩雑に配置されていたスイッチやランプなどをタッチパネル付きの液晶ディスプレイで置き換えることで,装置の見える化を高度なレベルに押し上げた。その後,我々は「見える工場,魅せる装置」をキャッチフレーズに,操作表示器のネットワーク化を進め,オートメーション化された装置の見える化を実現してきた(図1)。

〈関連文献〉

関連情報リンク

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます