計装Cube15 関連文献
製造業XML推進協議会のめざすもの

製造業XML推進協議会 佐藤 知一*
*)日揮
2004年12月

キーワード「XML/標準/見える化」

1.製造業XML推進協議会の理念

 製造業XML推進協議会(英文略称MfgX)とは,新しい情報技術=XMLを起爆剤として,製造業に関わるあらゆる側面でのオープン環境の構築を目指して結成された,非営利の団体組織である。
 XML(eXtensible Markup Language)とは,インターネット上で情報を交換するために考案された,汎用的なフォーマットの規約である。XMLは情報システムや制御システムがデータを交換する際の共通の基盤として注目されている。
 周知の通り,製造業は設計・製造・開発・物流・販売などあらゆる部門にわたって,きわめて広汎かつ多種多量の情報をハンドリングしている。この情報のやりとりを,いかに効率よく的確に行うかが,その企業のパフォーマンスを左右する。製造業の用途に合ったXMLの標準策定は,企業内のデータ交換や,企業の壁を超えたサプライチェーンにおける情報共有のために,大きな役割を果たすことが期待されている。
 製造業XML推進協議会は昨年11月に設立され,本2003年6月19日の総会をもって正式に発足した。事務局を(財)製造科学技術センターにおき,三菱電機鰹務取締役の島名文忠氏を初代会長として,その歩みを始めたところである。
 本会の活動理念は,「憲章」にも記しているように,標準化の考え方・ユーザニーズの尊重・活動成果の公開・活動成果の国内外への発信・活動成果の継続・維持,の5点を柱としている。

〈関連文献〉

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます