OPC実践ガイド
計装キューブは計装分野の情報を専門に扱うサイトです HOME>OPCソリューション・ガイド

あらゆる監視制御に適応可能なHMIソフトウェアRSViewエンタープライズ

ロックウェルオートメーションジャパン

●概要

ロックウェルオートメーションのHMI戦略である「ViewAnyWare」は,企業内のあらゆる場所で拡張性の高い統合的な監視制御ソリューションを利用できることを目的としている。「RSView エンタープライズ・シリーズ」はViewAnyWareのソフトウェアコンポーネントで,マシンレベル(機械・装置などの組込み用の監視画面)から,スタンドアローン環境および複数サーバ/複数クライアントの中規模,大規模の分散HMI環境まで対応している。これらプラットホームを通しての互換性と共通HMI開発ツール「RSView Studio」を利用できる。  実行環境としてはマシンレベルのHMI環境「RSView Machine Edition」,複数サーバ/複数クライアント接続の大規模システムまで対応可能なHMI環境「RSView Supervisory Edition」がある(図1)。導入システムに応じて最適なシステム構成を構築することが可能であり,アプリケーションの開発と運用の迅速化,生産性の向上,TCOの削減を図ることができる。


●特徴/機能

(1)RSView Machine Edition

PCベースおよび組込みのオペレータ・インタフェース・ソリューションをサポートするマシンレベルのHMIである。個々のマシンまたは小規模プロセス用の監視制御システムでの使用を目的としている。

(2)RSView Supervisory Edition

スタンドアローン環境から複数サーバ/複数クライアント接続に対応した分散HMIシステムへの対応が可能である。データ収集サーバおよびHMIサーバの冗長化に対応して,信頼性のあるシステム構築が可能である。クライアントは複数のHMIサーバのどこからでも必要な情報すべてを参照することができる。

(3)共通な開発環境RSView Studio

RSView Machine EditionおよびRSView Supervisory Editionで共通に使用できるHMIアプリケーションの開発環境である。マシンレベルからスタンドアローン/分散レベルまでのシステムにおいて,共通なユーザエクスペリエンス,簡単な開発環境,実装およびメンテナンス環境を提供する。
 RSViewエンタープライズをはじめ,ロックウェルオートメーションのソフトウェア製品には「FactoryTalk」というテクノロジを組み込んでいる。FactoryTalkとは,システム内で扱うデータ全体を簡単に統合でき,アーキテクチャを通しての情報の重複を最小限にするなどの機能の集まりである。システム内でタグやHMI画面の一元管理ができ,コントローラのタグを直接参照してHMIの監視画面を作成していくことができる。

●適用分野

 RSViewエンタープライズはいろいろなシステム分野に適用可能である。各種組み立てラインやプリント基板実装ライン,鋳造工場,ベアリング工場,食品プラント,飲料製造などの生産ライン監視,電力監視および冷蔵冷凍設備の温度管理,その他医薬品および食品検査装置やシミュレーション装置などにも使用されている。また,インターネットを利用して海外の生産ラインを日本国内からリモート監視制御するシステムにも活用されている。
 RSView Machine Editionには「KepServer Enterprise」OPCサーバが付属しており,各種コントローラと接続可能である(図2)。現在60以上の各社PLC,機器との接続が可能で,その内30がWindows CE上でも動作するように設計されている。これらは「PaneView Plus」(RSView MEベースのプログラム表示器)および「VersaView CE」(RSView MEベースのパネルコンピュータ)で動作が可能である。


●応用例

 RSView エンタープライズとコントローラの通信ドライバである「RSLinx Enterprise」間の通信はFactoryTalk の機能を使用している。「RSOPC Gateway」を使用することにより,各種OPCクライアントアプリケーションからRSLinx Enterprise および RSView Supervisory Editionから直接データを収集することが可能になる。リモートおよびローカル環境をサポートして,システム拡張の柔軟性を提供する。また,RSOPC Gatewayの次期バージョンでは,OPC-XML,OPC-DXなどさまざまなOPCインタフェースを実装し,各種インタフェースを実装した多くのOPCクライアントとの接続性を提供する予定である(図3)。


問い合わせ先

ロックウェルオートメーション株式会社
プロダクトマーケティング
〒104-0033 東京都中央区新川1-3-17
TEL:(03)3206-2783
FAX:(03)3206-0232
E-mail:ContactJP@ra.rockwell.com
URL:http://www.automation.rockwell.co.jp