OPC実践ガイド
計装キューブは計装分野の情報を専門に扱うサイトです HOME>OPCソリューション・ガイド

OPCローカル/ リモートサーバ
SYSMAC OPC Server V2
(型式:WS2-OP●適用事例/適用分野CC1-J)

オムロン株式会社

●概要

 SYSMAC OPC Server V2は,Windows 2000/ XPで動作するOPC Data Access仕様1.0a/2.0に準拠したOPCローカル/リモートサーバである。OPC対応クライアントアプリケーションから,当社製プログラマブルロジックコントローラ(以降PLC)やループコントロールユニット/ボード(以後ループコントローラ)へのデータアクセス環境を提供する(図1参照)。 図1 SYSMAC OPC Server V2の機能構成
図1 SYSMAC OPC Server V2の機能構成

●特徴/機能

  1. さまざまなOPC対応クライアントアプリケーションから容易に接続することができる。またOLE Automationインタフェースを使用すれば,Visual Basic5.0以上/Excel97以上からの接続も容易である。
  2. 複数のネットワーク(上位リンク,Controller Link,Ethernetなど)接続に対応している。
  3. タグデータを作成・表示・モニタするためのExplorerライクなインタフェースを提供する。
  4. 作成したタグデータはタグファイル(*.sdb)として保存・読み出しが可能。
  5. IOシミュレーションモードにより,実デバイスを接続することなくOPC対応クライアントアプリケーションの接続・テストが行える。
  6. 当社製PCプログラミングツール(CX-Programmer)で作成したラダープログラムの変数(タグ)をインポートすることができる。また,「RSView32」のタグデータにインポート可能なCSV形式ファイルにエクスポートすることもできる。
  7. 当社製ループコントロールユニットツールソフト(CX-Process)で作成したタグファイルをインポートすることができる。
  8. WORD/DWORD型タグに対してはBCD変換を,STRING型タグに対してはShift-JIS(日本語版)およびASCII(英語版)変換を行うことができる。
  9. 当社製ループコントローラにダイレクトにアクセスすることができる。

●適用事例/適用分野

 SYSMAC OPC Server V2は,Windows用HMIソフトウエアである「RSView32」と組み合わせ,そのSYSMAC PLC/LC用通信ドライバとしてPLC計装の領域で幅広く利用されている。
 また,SYSMAC PLC/LCとRSView32を利用したシステム開発を支援するための「ループコントローラ用フェースプレート部品(図2)や「PAパッケージ for RSView32」と組み合わせることにより,より高度なPLC計装システムの開発が可能である。
 以下,SYSMAC OPC Server V2とRSView32を組み合わせたPLC計装システムの開発事例記事を簡単にご紹介する。詳細については計装2005年3月号「多様化するPLC計装アプリケーション」の中で紹介されているので,こちらを参照いただきたい。


[事例1]製薬工場におけるPLC計装へのシステムアプローチ(第一製薬,双信システムズ,オムロン)

 ―「薬品反応プロセスにPLC計装システムを開発し,従来のDCSと比較しても遜色のないシステムが完成した。ラダープログラムによるループ制御の難しさなどエンジニアリング面での課題が残っていたが,オムロンからDCS機能をPLCに持たせた製品やHMIとしてRSView32/SYSMAC OPC Serverの紹介を受け,薬品の濃縮プロセスに採用したところ非常に満足な結果が得られた。弊社におけるPLC計装導入は以下に示すように非常に多くの効果をもたらした。  

  1. 投資コストの大幅削減
  2. 開発期間の短縮
  3. システム運用の柔軟性

[事例2]進化を続けるPLC計装(オムロン)

 
 ―「計装制御システムのコントローラとしてPLCを活用する試みが,1990年代より本格化した。
 激化するグローバル競争とデフレ経済によりTCOの削減要求が高まる中,コントローラとしてのPLCが計装用の制御機能を強化したこと,HMIとしてのパソコンの高性能化とSCADAの機能充実が重なったことからPLC計装が認知され普及し始めた。
 当社は1997年7月に「SYSMAC CS1」をベースに本格的な計装制御機能を搭載したPLC計装システムをリリースし,HMI部にはRSView32/SYSMAC OPC Serverによるオープンな技術/製品を取り入れ,機能・性能・使い勝手における進化を続けながら適用領域を拡大している。(図3

●使用上の留意点

SYSMAC OPC Server V2はOPC適合性試験に合格した製品であるが,OPCクライアントとの接続性を保証するものではない。ただし,RSView32と組み合わせてご利用頂くケースについては接続性に問題がないことを確認している。

注)
  • 本広告に記載されている商品名・会社名等は各社の登録商標または商標である。
  • RSView32はRockwell Software Inc.の登録商標である。
  • PAパッケージ for RSView32は(株)三鈴エリーの商品である。

問い合わせ先

オムロン株式会社
営業統轄事業部
〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシ ティ大崎ウエストタワー14F
  • 【インターネット情報サービス】
    URL:http://www.omron.co.jp/ib-info/
  • 【フリーコール】
    0120-919-066(無料:クイック オムロン)
  • *お問い合わせ時間
    営業時間:9:00〜12:00/13:00〜19:00
    (土・日・祭日は9:00〜12:00/13:00〜17:00) 営業日:年末年始を除く
  • PLC計装の最新情報は次のURLでご覧いただけます。   
    URL: http://www.fa.omron.co.jp/control/plc_process/