OPC実践ガイド
計装キューブは計装分野の情報を専門に扱うサイトです HOME>OPCソリューション・ガイド

工程監視構築ツール
JoyWatcher

ジェイティ エンジニアリング株式会社

●概要

JoyWacther/JTエンジニアリング

 「JoyWatcher」は,Microsoft Windows 2000,XP上で動作する工程監視構築ツールである。汎用開発ツールとの高い親和性に加え,低価格であるためさまざまな用途の監視システムに用いられている。機械・装置単体からビル設備や製造工場などの大規模なシステムまでを構築することが可能である。また,PLCなどの各種外部機器との通信が簡単に行え,設備や機械の運転状況などを監視するためのグラフィック画面を専用エディタで簡便に作成できる。専用のエディタで作成した画面はActiveXで表示できるため,Visual Basicをはじめ各種のActiveXコンテナ機能を持つRAD Toolと組み合わせて使用することにより,カスタマイズの柔軟性が飛躍的に向上する。つまりJoyWatcherは,SCADA製品の良さと汎用部品(ActiveX)の良さを合わせた製品である。(図1図1 JoyWatcherシステム構成
図1 JoyWatcherシステム構成


●特長

(1)常識を破る低価格

 各種PLC通信ドライバ,600種類以上の豊富な部品群,6万点以上のI/O点数を標準サポートして,7万円という低価格を実現した。

(2)開発ツールとの高い親和性

 JoyWatcherで作成,設定した画面,アラーム,トレンドはActiveX部品として扱える。JoyWatcherが収集したデータの保存はODBCにより汎用データベースに保存することができる。

(3)国産ならではの対応力

 国産ならではの魅力を十分に発揮し,短納期かつ万全のサポート体制をとっている。ユーザ各位の要望に迅速に対応する。

●機能

(1)PLCとの簡単な接続(サーバ設計)

 JoyWatcherとPLCとの接続は,サーバ設計による設定で簡単に行える。接続したいPLCを選択し,使用するデバイスの種類と範囲,および個々のデバイスに意味を持たせたタグ名を設定すれば,接続完了である。さらに,タグデータはExcelで編集が可能。

(2)簡単で高度な画面エディタ機能

 PLCの値によって位置・回転・拡大・縮小・色の変更などのアニメーション表示は,プロパティでタグ名を割り当てるだけで簡単にできる。さらに,工程図を作成する上で必要と考えられるメータ,タンクなどの部品を標準で600種類以上用意しているので,これらを貼り付けるだけで工程図が簡単に短時間に作成できる。(図2


(3)FAモニタ

 FAモニタとは,あらかじめ作成して工程図やアラーム・トレンドなどを表示するためのアプリケーションである。インターネットエクスプローラを意識して作成しているので,インターネットエクスプローラを操作する感覚と同様,マウス操作のみで複数の工程図から表示したい工程図を選択することができる。さらに,簡単で便利なトレンドエディタが標準装備されている。これらを利用すればノンプログラミングでシステム構築ができる。

(4)Excelライクなシミュレーションパネル

 実行時のデータ確認が一覧形式で可能となる。さらに,ダミーデータを簡単に作成することができるため,試運転調整前にシステムのデバックが容易にできる。

●OPC(クライアント)対応

 OPC(OLE for Process Control)とは,異なるベンダの機器で実行される異なるアプリケーション間のインタフェースを標準化して,データ交換を行う標準インタフェースである。
 JoyWatcherは,OPCクライアントをサポートする。OPCサーバ対応の他社SCADA製品やDCSなどとのデータ交換が可能になり,システム開発に要するコストが削減できる。

●オプション製品

(1)Webアダプタ

図3 JoyWatcher Webアダプタ
図3 JoyWatcher Webアダプタ

 WebアダプタはJoyWatcherで作成した,工程図,トレンド,アラームを,サーバに保存するだけで遠隔地のパソコンから監視することができる。アラームは,履歴と発生中をサポートし,i-mode対応の携帯電話からも確認ができる。さらに,設定によりPLCなどの外部機器に遠隔地から書込みができる。クライアント側にはJoyWatcherをインストールする必要がない。(図3)

(2)帳票アシスタント

 JoyWatcher帳票アシスタントは,JoyWatcherが収集しデータベースに保存した時系列データをExcelシートに転記し,ユーザが任意に作成したフォーマットの日報・月報を,指定時刻または任意のタイミングで出力することができる。

(3)イベントマネージャ

 JoyWatcherイベントマネージャは,JoyWatcherが収集したデータのイベント管理ツールである。さまざまな条件のイベント定義が可能で,イベント発生時・復旧時にはログのDBへの保存,タグへの値の書き込み,外部プログラムの起動などを実現する。一つのイベントに対して複数の処理を実現することも可能である。
 また,イベントマネージャは複数起動することが可能で,管理対象ごとにテーブルを分けてログを管理することができる。

(4)レシピ

 JoyWatcherレシピは,各種の設定値をPLCに書き込むプログラムである。設定値は,機械・品種ごとに管理できる。

●おわりに

 システム開発を取り巻く環境は,新技術が加速度的に押し寄せ進化していく。弊社は,今後もJoyWatcherの国内開発品としての強みを活かし,ユーザの要望を積極的に取り入れ,ユーザのかゆいところに手が届くツールにしていきたい。

問い合わせ先

ジェイティ エンジニアリング株式会社
システムインテグレーション部ソリューションチーム
〒130-8603・東京都墨田区横川1-17-7
TEL:(03)5610-7605
FAX:(03)5610-7609
E-mail:si.jigyoubu@jte.co.jp
URL:http://www.jte.co.jp/