OPC実践ガイド
計装キューブは計装分野の情報を専門に扱うサイトです HOME>OPCソリューション・ガイド

現場データ収集・可視化のためのインタフェースソフトPro-Server

株式会社デジタル

●はじめに

  世界のPLCに接続できるインタフェースを持つ操作表示器製品を提供している当社デジタルの製品で,OPC対応は,「Pro-Server」というソフト製品を併用することで可能にしている。

●デジタルのOPCソリューション

(1)現場の機器がデジタル製品でつながる

 当社製品は,表示を持たないプログラムレスプロトコルコンバータ「Factory Gateway」,3.8インチから15インチまでの表示サイズを揃えたプログラマブル表示器「GPシリーズ」,制御と表示器を融合させた製品「GLCシリーズ」,防爆タイプの操作表示器とその範囲は広い(写真1)。さらに世界中のPLC(国内海外200プロトコル800機種以上)に接続でき,メモリリンク方式でさまざまなコントローラにも接続可能である。また,計測機器・分析機器・温度調節計とも接続できる。
 それらのデータをネットワーク(Ethernet)でOPCクライアントを持つアプリケーション製品と接続するには,Pro-Serverを使用することで容易に可能となる。(図1
 制御コントローラをネットワークに接続するケースもあるが,人の操作情報も加わって,システムや装置をマネージメントする役割りを表示器が担うことが多くなっている。というのも,製造現場での運転員の自主保全や操作ガイド,保全マニュアルなどの表示を表示器が担うことで,表示器で扱う情報量が桁違いに多くなっているからである。
 さらに,当社の表示器製品GPシリーズは,マルチ言語表示をリアルタイム切り替えで実現,Webでの表示リモートも実現している。
 最新製品のGP3000シリーズでは,64ビットRISC CPUを搭載し,画像までリアルタイムに表示できるマルチメディア対応仕様となっている。


(2)世界で販売,世界でサービス(ワールドワイドサポート)(図2

 北米,欧州,中国,東南アジア,オーストラリアで販売し,サービスリペア対応をしている。


●適用事例

図3 GP,Factory Gatewayを適用した<br>
システム拡張事例
図3
GP,Factory Gatewayを適用した
システム拡張事例

 本事例では,製造ラインにある装置の稼働状況をモニタおよびデータ収集するために,GPが装着されている機器はGPから,そうでない機器にはFactory Gatewayを取り付けることで安価にシステムを構築している。また,上位側にはアプリケーションソフトウェアを導入できるが,Pro-ServerとはOPCを利用して接続しているため,Pro-Server側で登録してある変数を呼び出すだけでアプリケーション側の設定も非常に簡便なものになっている。このようにすでにある機器をうまく利用することでイニシャルコストを抑え,段階的な投資を行うことで,費用対効果を確認しながらシステム拡張が行える。(図3


●おわりに

 当社の製品は,国内のほとんどのFAコントローラと接続でき,既存の設備に追加するだけで,大幅な変更なく装置やシステムの情報化を推進できる。また,システム構築のためのプログラム作成がほとんど必要ないため,設置コストの節約だけでなく,実運用までの開発期間を短縮できることが特長となっている。生産現場の業務効率化や情報の有効活用などで当社製品の採用を検討頂ければ幸いである。また,今回紹介した商品の情報は,当社のホームページで詳しく紹介しているため,是非ともアクセスして頂きたい。

問い合わせ先

株式会社デジタル
事業企画部 川田 学(かわたまなぶ)
〒559-0031・大阪市住之江区南港東8-2-52
TEL:(06)6613-4101 
FAX:(06)6613-5888
URL:http://www.proface.co.jp