OPC実践ガイド
計装キューブは計装分野の情報を専門に扱うサイトです HOME>OPCソリューション・ガイド

高速時系列データベースソフトウエアPLEASURE

旭硝子

●概要

 PLEASUREは短期スケールの変動から,プラントの一生にわたる長期スケールの変化まで自由自在に高速表示する工業用データ処理ソフトウエアである。独自の高速データ処理技術の採用により,製造・研究開発分野でのデータ処理を強力にサポートする。PLEASUREは計測機器などとの通信インタフェースを装備し,取得したデータを独自のデータベースに保管する。このデータベースは,時系列データを高速処理するために最適設計されており,高速なトレンドグラフ表示を実現している。
 PLEASUREはこれらのトレンドグラフ表示を中心に設計されており,データの時刻変動調査(季節変動など),相関関係の調査,必要なデータの抽出などが容易に実現できる機能を提供している。また,FFT解析,相関性検索など,豊富な時系列データ解析機能も備えている。社内LANや電話回線などを活用してクライアント・サーバシステムを構築することにより,遠隔地からのデータモニタも可能になる。


●特長/機能

(1)優れた時系列データの保存,処理技術

 PLEASUREでは計測データを独自に開発したデータ処理技術(米国特許取得済)によりデータベースに保存する。この技術により,大容量のデータをコンパクトに保存でき,たとえば10年分のデータを5GBのHDに保存することが可能となる。(※1000チャンネル,5分間サンプリングの場合)
 また,このデータベースは,時系列データを高速処理するために最適設計されており,膨大なデータに対しても高速なトレンドグラフ表示が可能である。表示されたグラフの高速スクロールおよびスケール変更機能により,必要なデータを最適な時間スケールで瞬時に表示する。通常のシステムでは困難であった,プラントの一生にわたるような長期の変動を瞬時に表示,処理できる。(図1


(2)社内LAN,インターネットVPNを活用したデータ監視・データ共有

 社内LANやインターネットVPNを活用してサーバ・クライアントシステムを構築することにより,遠隔地からのデータモニタが可能になる。工場,事務所,本社などさまざまな場所でのデータ共有や,複数のプラントを一ヶ所で管理する場合などに威力を発揮する。また拡張性に優れ,低コストかつ簡単な設定で,ユーザニーズに応じたシステムの構築が可能である。PLEASUREサーバ版ではデータベースの構築からデータ収集,トレンド表示,解析などが1パッケージで実現できる。

(3)各種PLC,OPC等,豊富なデータ入力インタフェース装備

 標準装備の計測器通信ドライバ(横河電機,三菱電機),テキストファイル入力機能に加え,OPC(OLE for Process Control)サーバ対応の他社SCADA製品やDCSなどからのデータ収集が可能となった。「FA-Server4.0」(ROBOTICS WARE社)などのOPCサーバとの接続により,異機種,メーカ混在の大型システムにも対応可能である。また,「PLEASURE JoyWatcherバンドル版」により,JoyWatcherのすぐれた工程監視機能と,PLEASUREの高速表示・解析機能を同時に利用することも可能となる。

(4)CSVファイル,EXCEL,Visual Basicなどへのデータ出力自由自在

 PLEASUREでは,VBなどでプログラミングするユーザのためのサーバ通信用APIを標準で装備し,PLEASUREデータベースに自由にアクセスすることが可能である。このAPIを利用することで,膨大なデータを利用したユーザ固有のニーズに応える独自のアプリケーションが構築でき,システム開発に要するコストが削減できる。たとえば,EXCELのマクロ機能により,PLEASUREからデータを取得し,自動的に指定フォーマットの帳票を作成するアプリケーションの作成も可能である。

●適用事例/適用分野

〈ガラス溶融窯導入事例〉

 ガラスの溶融窯では,1600度以上の高温で原料を溶融し,生産量,温度,燃料消費量など各種データの複雑な動きが製品歩留まりに影響している。従来の設備,ソフトウエアでは,現在値把握や制御などには活用できても,膨大なデータから全体のトレンドを把握することが困難で,操業支援,解析に十分対応することができなかった。
 このため弊社では,操業初期と現在の運用状況の相違や季節変動のような長期変動が瞬時に把握できるPLEASUREを開発し,各ガラス溶融窯への展開を進めている。製造現場ではトラブルなどの欠点発生のタイミングを捕らえ,最適オペレーションによる製品欠点の低減や,オペレータが経験上捉えていた現象をPLEASUREの長期トレンドにより裏付けて窯の安定化に役立てている。また,ネットワークによるデータ共有で製造現場に限らず,設計,開発,管理部門でのデータモニタも行っている。(図2参照)
 現在は,槽窯データのトレンドが遠隔地からも監視可能となるソフトウエアPLEASUREを中核として,社内専用回線を利用したデータ収集,監視システムの構築を進めることにより,海外を含めた槽窯データをデータ管理サーバで一元管理し,データ解析などを行うシステムの構築を進めている。
 上記事例のガラス溶融窯以外にも,風力発電設備やゴミ焼却炉,株式,医療分野にも応用されている。

問い合わせ先

旭硝子株式会社
新事業・技術企画室C-ソリューションチーム
〒110-0015・東京都台東区東上野1-14-5 ユーエムビル
TEL:(03)5818-2180
FAX:(03)5818-2339
E-mail:support@c-sol.gr.jp
URL:http://www.c-sol.gr.jp