計装Cube10
保守面からみたバルブアクチュエータ/ポジショナの進化と適応視点

出光エンジニアリング 菅原 満
2002年7月

キーワード「診断/フィールドバス/活用事例」

1.はじめに

プラントの制御システムにおいてコントロールバルブは重要な構成要素(機器)である。その健全性をつねに把握し,適切なタイミングで適切なメンテナンスを行い,その機能を維持することは重要なことだと言える。

本稿では実プラントでのインテリジェント型ポジショナ活用実績から,今後のアクチュエータ(ポジショナ)に対する保全・診断面から見たユーザとしての要求機能をまとめてみた。

関連文献

参考文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます