計装Cube9 関連文献
「製造業XML推進協議会」の設立目的と活動ビジョン

製造業XML推進協議会運営委員会副委員長/山武 橋  向 博昭
2003年7月

キーワード「MfgX/標準化/インターオペラビリティ」

1.はじめに

情報技術(IT)を駆使したWeb 利用技術の進歩により,インターネットインフラとWebアプリケーションを利用したe-コマースやネットバンキングなどのB2Cアプリケーションが急速に普及し,我われの日常生活に大きな変化をもたらした。さらには,個々のWebアプリケーション単独での機能やサービスから,XML(eXtensive Markup Language)技術をベースとするWebサービスを利用したWebシステム間のサービスの連携へと進み,B2Bアプリケーションへの応用を中心に大きな注目を集めている。

本稿では,この新しいXML技術とそれを用いたWebサービスによる,製造業向け情報システムにおける情報統合について検討し,「製造業XML推進協議会」の設立目的と活動ビジョンについて解説する。

関連おすすめページ

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます