計装Cube8 関連文献
第2世代のPLC計装システムへの期待と実現

横河電機 小澤 英之
2005年3月

キーワード「トレンド/ネットワーク/エンジニアリング」

1.はじめに

1970年半ばに登場したDCSは,30年以上にわたり計装システムの中核として成長してきた。一方で,PC,Windows,SCADA,Ethernet,PLCなどのオープン技術,汎用製品の急速な普及と高機能化によって新しいシステム構築が可能となり,計装システム分野においても1990年代半ばから海外ユーザを中心に導入が始まった。

日本国内においては,当社が1994年にPLCと汎用SCADAを採用したシステム「astnex」を発売したのを皮切りに,多くのメーカがDCSとは異なる計装システムを提案してきている。この間「パソコンDCS」,「PLC計装」,「PC計装」などの呼称が乱立したが,昨今は「PLC計装」という呼び方が定着してきた。

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます