計装Cube8 関連文献
安全PLCによるセーフティシステムの特長と診断機能

GEファナック・オートメーション・インターナショナル 藤中 衛
2005年3月

キーワード「安全/冗長/診断」

1.はじめに

GEファナックでは緊急シャットダウン(ESD)や火災・ガス保護システム(F&G Protection System)をはじめ,三重冗長化(TMR)が必要とされる高い信頼性と安全性が要求されるシステムに適用できるコストパフォーマンスに優れた安全PLCを世界各国で供給している。

GEファナックの「GMR」(Genius Module Redundancy)安全PLC(写真1)は1995年にドイツ技術安全機構(TUV)による適合認定を受けると共に,IECやNFPAの国際安全規格に適合している(図1)。

IEC61508では安全システムの電子電機機器に関して,図2に示すフレームワークを謳っている。GEファナックではGMR安全PLCを図2のLOGIC部分として供給すると共に,SENSORやACTUATORを含めたシステム提案も行っている。

さらに,完全なる安全システムとして稼動させるために,IEC61508では安全システムの分析,設計,設置,運転までをライフサイクルとして想定している。GEファナックでは,安全レベルの分析・設計段階から参画し,システム導入までの支援も行っている。

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます