計装Cube4 保全システム構築の進め方と実際

王子エンジニアリング 清水 博文
2004年4月

キーワード「PAM/保全(メンテナンス)/データ活用」

1.はじめに

 近年,生産設備の大型・高速・高精度・複雑化が進む中で,設備トラブルは即,生産・品質・コストに重大な影響を与えることとなり,保全管理技術の優劣が競争力に大きな影響を与える。従って設備の安定操業を維持するため,保全部門は突発トラブルの防止や復旧時間のスピードアップを図ることが重要である。そこで王子製紙では保全部門の業務効率化の推進,適正な保全計画の作成により,突発トラブルを減少させることを目的として保全管理システムを導入した。

2.システム導入のねらいと選定

システム導入にあたっての具体的な狙いと特徴は以下の通りである。

  1. 設備管理基準の明確化,保全業務の標準化
  2. 工事,点検等の計画漏れ防止
  3. 突発設備故障の削減
  4. 故障実績・保全費用・点検データ等の分析による適正な保全計画作成
  5. 適正な保全計画による修繕費削減
  6. 適正な予備品管理による在庫量の削減
  7. 工場内・工場間ネットワークによる設備保全情報の共有化

システム選定にあたっては,以上の内容を実現でき,かつ

  1. 業務での活用が短期間で図られる
  2. 少ない労力での推進が可能である
  3. 工場によっては既存システムのデータコンバートが可能である
上記が可能なシステムを検討した結果,ニッテツ大阪エンジニアリング製「統合設備管理システムモデルD(以下モデルD)」が最も適していると判断した。

関連文献

関連おすすめページ

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます